じんましん

  • HOME
  • じんましん

症状が半日くらいで消える

かゆみが強く、皮膚が赤く少し盛り上がり、毛穴が広がり、はっきり見えるような状態で、それが数時間から半日くらいで消えるものをじんましんといいます。形は、丸いものから、不規則な地図のようなものまで様々です。また、大きさも2~3mmくらいから、手のひら以上の大きさまであります。1ヶ月以上毎日のように続く場合を慢性じんましん、それほどまでならずに治るものを急性じんましんといいます。

急性はアレルギー反応によることが多い

原因はアレルギー反応による場合と、非アレルギー性の場合があります。一般的には、急性じんましんでは薬や食品、その他の吸入抗原、感染症の病巣などの体内に入るものによるアレルギー反応によることが多く、時間とともにそれらが体外に排出されると治まります。

慢性じんましんでは、全身の異常(内臓の病気、便秘、下痢、疲労、睡眠不足など)や、特殊なじんましん(寒冷じんましん、温熱じんましん、日光じんましん、コリン性じんましん*、人工じんましん*など)によります。また、慢性じんましんの中には、それが原因とは知らずにくり返し毎日のように食べる食品や食品添加物により、急性じんましんを繰り返しているケースもあります。

(注釈)
*コリン性じんましん・・汗をかくたびにかゆくなるじんましん。
*人工じんましん・・・・外部から機械的な圧迫・摩擦の刺激で発症するもの。
例えば、時計のバンド・・ベルトで押さえていたお腹・ブラジャー・アクセサリー・バッグを持っていた手首などにできます。